スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

コロナ禍にあって ~みことばに励まされる聖書翻訳宣教~

松丸嘉也(総主事)
 「私たちは、地図のない旅に出ている。全世界が経験したことのない状況にあるからだ。」新型コロナウイルス感染拡大が懸念され始めた1月下旬、世界ウィクリフ同盟(WGA)のリーダーシップからは現在世界が直面している状況を見越すかのように、聖書翻訳宣教についての見通しと示唆が伝えられました。今回のパンデミックは、私たちの日々の生活や人生の計画にさえ、年初めには予想すらしなかった大きな影響を与え続けています。歴史的には、感染症の「世界的」流行は繰り返し起こり、今回の疫病の流行やアフリカにおけるバッタ大量発生と被害のニュースに、出エジプト記の出来事を思い起こしました。このような中、「あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。…試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。」(コリントⅠ10:13)のみことばを通して励まされ支えられてきたのは、私だけではないでしょう。 今回の危機で私に迫ってきたのは「見よ、わたしは新しいことを行う。今、それが芽生えている。あなたがたは、それを知らないのか。必ず、私は荒野に道を、荒れ地に川を設ける。」(イザヤ43:19)とのみことばでした。心騒ぐ時にこそ「見よ、わたしは新しいことを行う」と神である主が呼びかけておられることを、改めて教えられています。「強いられた恵み」として、私たちはこの厳しい現実に向き合い、日常生活の中で新しい方策を見つけ、実践してきました。けれども、それらの殆どは既に備えられていました。ウェブ会議やテレワークを一般的に可能にするコンピュータやインターネット技術の普及などは、その代表的な事柄です。また、献身的に働き続けておられる医療関係の方々や社会生活を維持するための働きをされている方々に心からの感謝と敬意を表わさずにはいられません。さらに、それぞれに大変な状況の中にあっても祈り、経済的にもご支援くださる教会や兄弟姉妹が共にこの宣教の業を担っていてくださることを深く感謝しています。 私たちウィクリフも他の様々な働きと同様、大きな影響を受け、「試練」の中にあります。聖書翻訳の各プロセスにおいて広範囲に影響があります。宣教師が奉仕する現地では、医療体制のひっ迫や地域・国際間の移動制限、外出禁止命令などに直面しました。多…

最新の投稿

新しいメンバーを紹介します!

プログラム中止のお知らせ

神のことばの上に立つ教会

ご自宅で眠っている切手を譲っていただけませんか?

民族音楽ワークショップ ~東南アジア短期ミッションボランティアを終えて~

ビジョン2025

フィリピン宣教地体験旅行に参加して

国籍は天に ~ 短期ミッションボランティアで東南アジアを訪問して ~

『神さまにこづかれて』を読んで